ミラノ〜ローマ

日本〜ドイツ直行便があるのは、フランクフルト・ミュンヘン・デュッセルドルフのいずれもドイツ西部の3都市。西部に比べると東部はマイナーに思われがちですが、実は魅力が盛りだくさん!東部ドイツとチェコを巡る、年中おすすめ出来るルートを紹介。

ベルリン

ベルリンには、テーゲル空港とシェーネフェルト空港という2つの大きな空港があり、多くのフライトはテーゲル空港に到着をします。2016年内を目安にそれらは統合され、「ブランデンブルク国際空港」として生まれ変わる予定となっています。
ベルリンは東西対立の爪痕が各所に見受けられるヨーロッパ内でも異色の都市となっています。新空港の名称にもなっている「ブランデンブルク門」は、当時東西ベルリンを隔てていた証として、今も観光名所として多くの人が訪れます。

ライプチヒ

音楽の街ライプチヒは、中央駅の目の前からレンガ造りの旧市街地が広がります。路上で音楽を演奏したり、歌ったりしている人々もちらほら。旧市街地は歩いて十分に周れる大きさなので、ちょっとした乗り継ぎついでに立ち寄るにも最適な街です。

ドレスデン

町中をエルベ川が流れるドレスデンは、ドレスデン城をはじめとする宮殿や教会が立ち並ぶ旧市街地が印象的な街です。エルベ川をはさみ反対側から見る旧市街地の景色は荘厳の一言です。市内は路面電車が行き交っているので、観光にも大変便利です。

国境地帯

ドレスデン~チェコ・プラハ間はのどかな田園地帯が広がります。ドレスデンから南に30分ほど行った場所には、「ザクセン地方のスイス」と呼ばれる景勝地が広がっています。時間が出来た際にはぜひ立ち寄ってみては。

チェコ・プラハ

チェコの首都のプラハは、中世のレトロな雰囲気があふれる中央ヨーロッパを代表する古都です。芸術の都として有名なほか、尖塔が多くあることから「百塔のプラハ」とも呼ばれます。大聖堂、ヴルタヴァ川を渡るカレル橋は最も有名なスポットになります。また、天文時計の展望台から一望できる赤い屋根の景色も魅力的。スタート地点である現代的で斬新な建築の多いベルリンとは対照的な街並みです。

プラン一覧に戻る